絶対零度

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~第2話をご覧になりましたか?
初回で2桁スタートと好調だったのですが、2話では9%台に落ちましたよね。

 

このままズルズル下がっていくのかと思ったのですが、
第3では2桁に戻してきましたね~。

 

実際、リアルタイムで私は視聴したのですが、今回のテーマは強姦、ストーカーとかなり重いテーマでした。

 

それだけに、ネット上でも多くの反響がありましたが、この第3話の最後で犯罪に手を染めた人間に天罰が下ったのですが、
このシーンについて多くの人が様々な予測を立てていて非常に面白くドラマを作っているな~と思いました。

 

ということで、早速、絶対零度~未然犯罪潜入捜査~第3話のネタバレをお伝え致します。

井沢範人(沢村一樹)らは、「ミハン」システムが割り出した新たな危険人物・若槻真帆(柴田杏花)の捜査を始める。

真帆は、エリート大学として知られる私立栄明大学の学生だったが、
1年前、大学近くの雑居ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中だった。

もちろんその間、真帆の通信記録や銀行口座の出入金記録など個人データに動きはなかった。
だが、先週になって真帆のスマートフォンから彼女が所属していたテニスサークルのSNSグループに「復讐してやる」というメッセージが送られたという。

しかも、同じスマートフォンから大量の医療用ニトログリセリンが購入されていた。

井沢は、昏睡(こんすい)状態の真帆にはメッセージを送ることもニトロを買うこともできないことから、
真犯人は真帆になりすまして自殺の復讐(ふくしゅう)をしようとしている可能性を言及し、
小田切唯(本田翼)と田村薫(平田満)を入院先の病院へ潜入させる。

そこで小田切は、真帆の父親で、プラスチック製品専門の町工場を経営する周作(遠山俊也)に接触する。

一方、山内徹(横山裕)は、大手企業の御曹司で、テニスサークルの代表を務める湯川司(佐野岳)が学生起業したカフェバーを訪れる。
その店は、サークルメンバーのたまり場で、自殺未遂騒動の後、周作も訪れていた。

真帆がなぜ1年前に自殺未遂したのか。
そこに今回の危険人物を見つける鍵がある―。

小田切は過去のトラウマから、この事件にのめりこんで行き…。山内やミハンメンバーはそれを心配するのだが
引用:https://mdpr.jp/fashion/detail/1780418

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 3話ネタバレ前半

犯人になりうる人物を特定するAIのミハンシステム。
そして、犯罪を未然に防ぐことを目的に集められた警察の極秘チーム。

 

今回、特定された人物は、一年前に自殺未遂をした大学生の若槻真帆(柴田杏花)。
彼女のスマホから、復讐予告のメッセージが送られ、又、爆弾の材料にも使用される大量のニトログリセリンが購入されていた。

 

しかし、彼女は昏睡状態だった。

若槻と同じサークルの先輩の湯川司(佐野岳)は、経営者一族の息子で、
自身も学生起業家としてカフェを経営する。

 

スタッフとして潜入した小田切唯(本田翼)だが、
仕事の帰りに、湯川に襲われてしまう。

 

駆け付けた山内(横山裕)に助けられる。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 3話ネタバレ後半

湯川には過去に数件、強姦の被害届が出されていたが、
親が雇った弁護士に揉み消されていたことが判明する。

 

若槻の病室にサークル仲間の阿部(落合モトキ)が見舞う。
若槻は、湯川に強姦され映像が録画されていた。

 

現場にいたのに若槻を守れなかった阿部は、
湯川を許せないが、内緒にしてほしいと願っていた若槻の想いから、湯川に対して何もできない。

 

井沢(沢村一樹)は、昏睡状態の若槻のリハビリを担当していた大谷が、
若槻を慕うあまりに湯川に復讐しようとしていることに気が付く。

 

大谷は、湯川と店に居合わせた小田切を爆弾で殺そうとするが、
助けにきたミハンチームが危機一髪のところで救う。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 3話感想

今回は、強姦、ストーカーがテーマでした。

 

普段は爽やかな好人物を装い、反面、抵抗できない状態にした女性を
「俺のことが好きなんだろ?」と言って、強姦する歪んだ人格の湯川。

 

意識のない若槻の身体のリハビリを続けながら、「自分たちは心を通わせている」と、
妄想を膨らませ、代わりに復讐しようとし、ついには、一緒に死のとする勘違い男の大谷。

 

現実の世界で、まともな男女のおつきあいができない人たち。
井沢も言います。「これは、お前のエゴだ。」

 

自分さえよければいいのでしょうか。

 

相手の気持ちや立場が分からずに、自分にとって都合のよい解釈をする。
自己中心的な人間が引き起こす事件。

 

強姦は証拠が残らないことが多い。
本当にやるせないようなことが起きてしまう。

 

そんな犯罪が少しでも減るような社会をミハンシステムは構築してくれるのでしょうか。
ミハンチームに集められたメンバーは、過去に犯罪に巻き込まれ、強い憎しみを持つ者たちでした。

 

妻と子供を殺された経験を持つ井沢は、犯罪を犯した者を許せない狂気を秘めている。

 

強姦に襲われたことがトラウマになっている小田切。
ミハンの責任者である東堂(伊藤淳史)にも、秘めた過去がありそうですね。。。

 

被害者の気持ちが痛いほどに分かる彼らが、強い意思と情熱で、
これからもどんな活躍をしていくのか、今後も目が離せませんね、絶対零度!

おすすめの記事