『絶対零度シーズン3』

 

『絶対零度シーズン3』7話が8月20日(月)に放送されましたね!
今回の放送では、自殺したミハンのメンバー『田村』さんの後、今後の捜査はどうなるのか?という所に注目が集まりましたね!

今回はドラマ『絶対零度シーズン3』7話の視聴率・あらすじネタバレ&感想についてまとめてみました。

【絶対零度 未然犯罪潜入捜査】7話の視聴率!

【絶対零度】7話の視聴率は10.3%でした!二桁キープで絶好調ですね。

【絶対零度 未然犯罪潜入捜査】7話のあらすじネタバレ

「桜木泉の事件にも進展が」

 

東堂定春(伊藤淳史)をミハンの班長にしたことは間違いであった。
田村薫さん(平田満)は、ミハンシステムを成功させてほしいと願っていました。

 

井沢範人(沢村一樹)は、ミハンシステムに欠かせない人員なんだけど、東堂さんが事件をもみ消したってどういう事なのでしょうか?

 

田村さんの死から数日後には捜査はすぐに再開されましたが、悲しみが癒えない捜査員達はなぜ事件の捜査を再開できるのかと反対していましたが、
東堂さんは今起こっている事件について説明します。

 

そこで、小田切さん(本田翼)も、井沢さんも山内さん(横山裕)も事件捜査の再開には納得していたのですが、
宇佐美洋介という人物が出所することが井沢さんに伝えられます。

新しい捜査の対象は新谷啓一(小柳友)で組織の一員であるという事が立証されない為に、
危険人物としてミハンシステムに上がってきてしまった。

 

南さんは(柄本時生)どうして事件の捜査を通常通りに行えるのか分からないと言っていますが、
男の子がベランダに、あの暑さでひとりで外に居るけど、大丈夫なのかな?

 

児童相談所の人も警察の人も何も手出しは出来ないのですが、あの状態ではいつ亡くなってもおかしくない状態だと観察しますが、
この事件の捜査には今後ユキオ君(山城琉飛)も関わってくるのかもしれない。

 

お父さんとは定期的に会っているみたいなのですが、新谷さんの奥さんは一体どんな仕事をしているのかと思い井沢さんがつけていましたが、ホテルに男の人と入った原因は一体何なのでしょう。

 

喜多野という男性存在が明らかになりましたが、新谷は仲介人を通して交渉しているので、
家から一歩も出ずに何も出てこないのですが、喜多野という男性は一体誰なのでしょうか?

 

仲介人を通じて奥さんに封筒を渡したという事は、
奥さんも新谷のしていることをよく知っていないと出来ない事なのですが、田村さんを追い詰めたのは誰でもない。

 

だけど井沢さんは一線を越えないか心配だったんだけど、
ユキオ君はお父さんと仲良く遊んでいるみたいなのですが、引き取ってはもらえないんでしょうか?

 

新谷さんの家にはすでに盗聴器がつけられていましたが、新谷涼子も共犯でユキオ君のお母さんはお腹すいてる子供を放っておいて、ユキオ君はオムライスも初めて食べるなんて…。

 

喜多野と落ち合う場所まで判明したけど、啓一は涼子に裏切られてしまう。
ユキオ君の父親だと思っていた人は、本当は父親ではなく喜多野本人だった。

 

勇気を出して南さんがユキオ君の事を助けに行きますが、危険な目に遭ってしまいますが井沢さんが来てくれてなんとかなりました。

 

赤川武志とは一体誰なのか…。

 

井沢さんの奥さんの元同僚の名前も桜木さんのノートに記載されていて、
電話があった翌日に殺害されている人が居る。

【絶対零度 未然犯罪潜入捜査】7話のネットの反応や感想

2018夏ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の最新話を見逃した場合には、フジテレビオンデマンド(FOD)で視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

FODでの視聴はこちらから

 

さらにFODでは過去に放送された『絶対零度シリーズ』も見放題配信されているので、前シリーズをまだご覧になっていない場合は、
前シリーズを視聴することで、今作の『絶対零度シーズン3』がより楽しめます♪

 

詳しい情報は以下の記事でご紹介しています。

『絶対零度シーズン3』の動画を無料視聴する方法はこちら

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第8話あらすじ

2018年8月27日(月)21時から放送される、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第8話のあらすじの紹介

東堂(伊藤淳史)は、新たな危険人物・砂田繭美(白石麻衣)の捜査を指示する。

繭美は、市役所の戸籍住民課で働く25歳の女性で、1週間後には結婚式を控えていた。

実は繭美は、過去に整形手術を受け、美しい顔を手に入れていた。

ミハンが彼女をリストアップしたのは、違法に拳銃を入手していたからだった。

幸せ絶頂であるはずの花嫁がなぜ殺人を? ミハンチームは捜査を開始する。

井沢(沢村一樹)と小田切(本田翼)は、婚姻届けを出しにきたカップルを装って繭美に接触。

目の前で痴話喧嘩を演じてみせ、繭美と親しくなるきっかけを得る。

繭美が整形手術を受けたのは2年前の9月。

それ以前の行動を探れば、繭美が誰を殺そうとしているのかわかるかもしれない――井沢は、山内(横山裕)と南(柄本時生)に繭美の過去を探るよう指示する。

ある日、井沢と小田切は、繭美からの招待で、彼女の婚約者・神谷統一郎(入江甚儀)の実家を訪れる。

統一郎の父・竜太郎(羽場裕一)は慶徳大学の理事長で、統一郎も同大の教務課に勤務していた。

竜太郎は、統一郎と繭美の結婚を大変喜んでいて、絵に描いたような幸せなカップルだ。

しかし、程なく、彼女の悲しい計画が明らかになっていき――。

そんな中、山内の前に、桜木泉(上戸彩)の元上司でもある長嶋秀夫(北大路欣也)が現れて……。

引用:公式サイト

【絶対零度 未然犯罪潜入捜査】7話のまとめ

最後の最後には、井沢さんが追っている事件と桜木さんの事件が一つに繋がっているかもしれないという急展開になりました。

 

だけど、桜木さんは本当に死んでしまっているのかも凄く気にはなるのですが。
とにかく、ミハンの人たちが一致団結してきてる所がなんとも言えない。

 

田村さんが叶えてほしかった夢を、少しずつでも現実にして欲しい。
そして、最後には桜木さんの事件も解決してくれると本当にうれしい。

おすすめの記事