『絶対零度シーズン3』第8話ネタバレ・あらすじ&感想 【もう一つの仕事と桜木泉の存在】

 

 

絶対零度シーズン3も第8話まで来ましたね!
今回はあの人気アイドルグループ『乃木坂46』の中心メンバー『白石麻衣』さんが出演しました。

 

ウエディングドレス姿がとっても美しかったですね~。
SNSでも相当盛り上がっていました。

 

そして本題の絶対零度ですが、今回のラストでは大きな展開に発展します。
この続きはネタバレでお伝えしますので、本記事を最後まで読んでくださいね。

 

⇩絶対零度シーズン3のネタバレ第7話をまだご覧になっていない場合はこちら⇩

『絶対零度シーズン3』第8話の視聴率は?

絶対零度シーズン3

 

第8話の視聴率は10.0%(前回から-0.3ポイント減)でした。
ただ、2桁キープしているのは今回の絶対零度が面白いという証拠ですね。

 

特に8話では白石麻衣(まいやん)さんが出演したことで、今まで絶対零度を観ていなかった視聴者さんも観る人が多かったようですからね。
良いタイミングで良い女優さんを使いますね!

『絶対零度シーズン3』第8話のあらすじ&ネタバレ

「桜木の事件と井沢が追ってる事件に繋がりが」

 

井沢は(沢村一樹)出所した宇佐美(奥野瑛太)の元を訪れ、誰に頼まれ妻と娘を殺したのだと告げるが、逃げられてしまいました。
今回の危険人物は、砂田繭美(白石麻衣)市役所の戸籍住民課で働く25歳。

 

ネットで拳銃の取扱いを検索している履歴が見つかっていて、一週間後に結婚を控えてる美人花嫁です。
小田切(本田翼)が、花嫁の砂田に近づきランチに誘い、井沢(沢村一樹)と2人でカップルを装い花嫁の彼、神谷統一郎(入江甚儀)の実家に訪れました。

 

統一郎の父・竜太郎(羽場裕一)は慶応大学の理事長している。
竜太郎も息子の結婚を大変喜んでいて、絵に描いたような幸せなカップルだったのだが、彼女の悲しい計画が明らかになります。

 

繭美が男に拉致されてしまうのだが、翌日に控えた結婚式を延期しようと彼から告げられるが、繭美は明日の結婚式は必ずやると断固として譲らなかった。
結婚式の当日、バージンロードを歩く繭美が統一郎に銃を向けられるのだが、統一郎は繭美に近づき笑いかけ、ごめんねと謝る。
繭美は、銃を撃つがしかし弾は入っていなかった...。

 

井沢が家に行った時に、拳銃を発見し弾を抜いて置いたのでした。

 

その後、統一郎は倒れ井沢は繭美に、統一郎は繭美の計画を全て知った上で、結婚を受け入れていたのだと告げられる。
あなたにはもう生きる意味があると言うことを..。その事を知った繭美は涙ながらに統一郎を助けてほしいと訴えました。

 

統一郎は3年前に心臓移植したのだが、彼女の彼がドナーだった。
父・竜太郎の指示で、繭美の彼は脳死に誘発させられていて、竜太郎の1番大切にしている物を壊してやろうと統一郎に近づいたのでした。

 

桜木(上戸彩)の事件について、桜木の手帳から井沢の妻の元同僚の名前が書かれていて、その男が赤川武志です。
赤川は、井沢に電話をかけてきた翌日にベトナムで亡くなっていて、その次の日に井沢の妻と娘が殺された事が明らかになります。

 

長島秀夫(北大路欣也)が東堂(伊藤淳史)の元を訪れ桜木の再捜査、奴が追っていた事件をどうか解決してやって下さいと告げられました。

『絶対零度シーズン3』第8話のネットの反応や感想

『絶対零度シーズン3』第8話の見逃し動画を無料かつ安全に観る方法

ドラマ『絶対零度シーズン3』の最新話を見逃した場合には、Tverと動画配信サービス『FOD』で視聴が可能です。

Tverでの視聴はこちらから

FODでの視聴はこちらから

FODでは過去の人気ドラマも見放題することが可能です。
もちろん『絶対零度』シリーズも多数用意されています。

 

絶対零度〜未解決事件特命捜査〜『2010年4月〜6月放送・全11話』

絶対零度〜未解決事件特命捜査〜SP『2011年7月放送・全1話』

 

過去の絶対零度では『上戸彩』さんが主演なので、今回の絶対零度8話で桜木泉の存在が明らかになることで、
過去の作品と繋がりが見えてくるかもしれません。

 

上記の絶対零度シリーズは『見放題』作品なので、この機会に動画視聴しちゃいましょう!

 

無料で『絶対零度シリーズ』を視聴したい!という場合は、以下の記事で紹介していますので、是非御覧ください。

『絶対零度シーズン3』1話から無料で動画を視聴する方法はこちら

ドラマ『絶対零度シーズン3』第9話のあらすじは?

井沢(沢村一樹)たち「ミハン」チームは着々と成果を上げていた。
それを受け、警視庁上層部は、国家公安委員会で意見をまとめ、次のステージとなる法制化に向けて政界に働きかけると東堂(伊藤淳史)に伝える。

そんな中、「ミハン」が驚くべき危険人物をリストアップした。
SP――警護課の捜査員・石塚辰也(高橋努)だ。

石塚は、要人警護のスペシャリストで、逮捕術、格闘術など、すべての面で突出した能力を持つ男で、井沢自身も面識があった。
また、プライベートでは「開かれた警察」を目的に、地域住民に武術を教える活動もしているのだという。人を守るはずのSPが、人を殺す――!?

東堂は、モニターに直近1週間の石塚の監視記録を映し出した。そこで山内(横山裕)は、ふたつの監視映像に映り込んでいる桜木泉(上戸彩)らしき女性の姿に気づく。
ベトナムで死んだはずの桜木は生きているのではないか――。

だとしたら、彼女はなぜ石塚を追っているのか――。

井沢は、今回の危険人物を止めることが、桜木泉や、その先の真実にも繋がっていると考えた。
石塚をマークしていた小田切(本田翼)は、早々に尾行を見破られる。

圧倒的な強さで小田切をとらえる石塚。

覚悟を決めた小田切は、資料課分室に所属する警察官であることを打ち明け、格闘技を教えてもらおうと思ったと嘘をつく。
小田切が井沢の部下であることを知った石塚は、彼女の申し出を受け入れる。

一方、山内とともに石塚のマンションに潜入した井沢は、石塚が国家公安委員長・滝本健三(山田明郷)の情報を集めていることを知るが……。
公式サイトから引用

『絶対零度シーズン3』第8話のまとめ

桜木の事件と井沢が追ってる事件が一つに繋がっているという事がわかり、少しづつ明らかになってきています。
別件逮捕されていた、宇佐美が出所し井沢から逃走しましたが、こちらもこれからがどう展開していくのかがとても気になります。

 

それと、長嶋秀夫(北大路欣也)が井沢に言った一言「もうひとつの仕事」というフレーズが非常に気になります!
桜木泉の存在や井沢との関連性も気になります。

悲劇の連鎖を断ち切ることが出来るのでしょうか?楽しみで目が離せません。

おすすめの記事