2018年7月13日よりスタートしたドラマ『チアダン』
土屋太鳳さんが主演のこのドラマなんですが、チアダンを観ていて凄く気になる点がありました。

 

チアダンをご覧になったあなたもきっとそう思っているはず『訛りに違和感がありすぎ』という点です。
そもそも、訛りが酷い場合などは、『字幕』を出す事がTVでもよくあると思います。

 

でも、この『チアダン』では福井地方の訛りがドラマで使用されているのですが、
時折『ん?』ってなる時があります。

 

この訛りですが、実はトレンド入りするくらい注目されていたんですよね。
これが福井地方の方にすると『綺麗な方言だな~』という感じになるのでしょう。

ということで、ドラマ『チアダン』の方言について掘り下げていこうと思います。

ドラマ『チアダン』の福井弁って聞き取りづらいの?

ドラマ『チアダン』をご覧になった事がある人ならわかると思いますが、
時折『え?なんて?』といった状況になることがあります。

 

いわゆる、訛りってやつですね。
訛りで有名なのが『のん』(旧芸名能年玲奈)の『あまちゃん』ですよね。

『じぇじぇ』という方言が全国の朝ドラファンの心をぐっと掴みましたよね。

 

そこで、今回のドラマ『チアダン』もファンの心を掴むのかと思ったら・・・・・・・・・・
ネット上ではこんな意見が飛び交っていました。

 

結構お手厳しい意見がありますね。
土屋太鳳さんが可愛いので、訛りも許しちゃうのですが、何言っているかわからないので、
ドラマの内容が頭に入ってきません(笑)

 

逆に『今のどんな意味?』とネットで検索してしまうほどです。
そこで、この訛りについて調べてみた結果、福井県の方言ということがわかりました。

 

そこで、ちょっと標準語と福井弁がどのくらい違うか掲載してみます。

標準語と福井弁の違い
あいづち
標準語:そうそう
福井弁:ほやほや
標準語:そうなんだよ
福井弁:ほやって・ほうなんやって
標準語:そうだね
福井弁:ほやの

接続語
標準語:でも・しかし
福井弁:ほやけどぉ~・ほやけどの

命令語
標準語:しなさい
福井弁:しね

最後の命令語の福井弁『しね』って・・・・・・・・
結構違うものですね。
これをドラマに採用したのですから、標準語が基本の人にはちょっと良くわからないという事になります。
土屋太鳳さんの方言をちょっと聴いてみましょう。

 

この動画の一番最後に土屋太鳳さんがセリフを言うのですが、、、、、、、『え?』ってなります。

 

何とかって笑うなと言っているのですが、何度聴いても私には聞き取れませんでした(笑)字幕頂戴って感じです。
とまあ、このドラマでは福井弁が使われているのですが、この福井弁を指導したのは一体誰なの?と気になったので調べてみました。

ドラマ『チアダン』の方言を指導したのは女優の『北川裕子』

チアダンの方言を指導したのは女優の『北川裕子』さんです。
今回のドラマ『チアダン』の方言指導をしたわけではありませんが、映画版『チアダン』の指導をしました。

北川裕子プロフィール

プロフィール

女優

1986/3/5生まれ

うお座

福井

149cm

特技

歌 水泳 スキー 指圧マッサージ

趣味

カフェ巡り ヨガ

主な出演作品

 

【舞台】
フランケンシュタイン

【テレビ】
世にも奇妙な物語・捨て魔の女 夢を与える 女はそれを許さない サマーヌード ご縁ハンター 大河ドラマ大作戦

【映画】
愚行録

【方言指導】
ちはやふる-結び- チア☆ダン

引用:https://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/W09-2824.html

女優さんが方言をしていたのですね!
この北川裕子さんですが、2007年10月クールのテレビドラマ『モップガールで連続ドラマ初主演を果たします。
現在はNHKの大河ドラマ『西郷どん』に出演中です。

 

ロックバンド・BREAKERZのボーカルで歌手、タレントのDAIGOさんと2016年1月に結婚しています。
プロフィールでも分かる通り出身が『福井』ということで、方言指導に抜擢されたのでしょう。

チアダン第4話あらすじ

そんなチアダンですが、注目の第4話のあらすじをお伝えしようと思います。

部長になったわかば(土屋太鳳)率いる西高校チアダンス部ROCKETS。

初大会となるチアダンス福井大会は散々な結果だったが、顧問・太郎(オダギリジョー)の一喝で心が一つになったわかば、
汐里(石井杏奈)麻子(佐久間由衣)茉希(山本舞香)渚(朝比奈彩)妙子(大友花恋)穂香(箭内夢菜)琴(志田彩良)の8人。

新学期を迎え、さらに勇往邁進!と思った矢先、わかばが所属していた望(堀田真由)率いるチアリーダー部たちによる嫌がらせで、
学校の壁中にROCKETSに対する悪意ある張り紙が貼られていた。

今は無理でも、いつかは分かってくれるという思いで黙々と張り紙をはがすわかばだったが…。

その一方で、自分たちのダメさに気付き始めたROCKETSの8人。
校長・
駒子(阿川佐和子)の配慮もあり、中央高校チアダンス部JETSの見学をさせてもらえることに。

覇気のある挨拶で出迎えたのは現JETSのセンターであり、わかばの姉・あおい(新木優子)の後輩・月子(小倉優香)ほかJETSメンバーたち。
JETSの練習に圧倒されたROCKETSは、JETSのまねをする“JETSごっこ”をしてみることに!

そんな中、ROCKETSに福井商店街からゲスト出演の依頼が??。

さらに、対立しているチアリーダー部に所属している1年生の芙美(伊原六花)がベンチに一人でいるところを見つけたわかばは、
自分たちが踊る商店街のお祭りを見に来てほしいと伝える。

まとめ

地方の方言を利用した今回のドラマ『チアダン』

 

都心から離れていけばいくほど過疎化が進む中、こうやって福井県の方言を利用することで、
地域の活性化にも一役買っているのではなかと思います。

 

福井県の人からは『チアダン』今日放送だぞ!なんて声が聞こえてきそうな感じです。
やっぱり地元に関係しているドラマだと気になってしまいますからね!

 

そんなチアダンも第4回目が8月3日(金)に放送になりますので、お見逃し無く!

おすすめの記事