dele

2018年7月から放送される金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』

 

山田孝之さんと菅田将暉さんW主演の注目作。
原作はあるのですが、今回のドラマではオリジナル脚本を書き下ろしているので、原作を知っている人も、
全く知らない人も楽しめる作品になっているのではないかと思います。

 

人気若手俳優の共演となれば注目されるのは当然ですよね。
山田孝之さんと菅田将暉さんは『勇者ヨシヒコ』でも共演している仲です。
息の合った演技が期待できそうです。

 

今作品の『dele(ディーリー)』ですが、デジタル遺品を抹消する男たちの物語です。
今の時代にピッタリマッチした内容だと思います。

 

そして今作品は1話完結型なので、見逃してしまいドラマの内容がわからなくなってしまった・・・・・・・・。
ということが無いのもドラマを視聴する大きなメリットになっていると思います。

 

ということで、金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』のあらすじ&キャストや主題歌についてまとめてみたいと思います。

ドラマ【dele】放送日時の紹介

放送局:テレビ朝日系列 7月「金曜ナイトドラマ」

スタート日時:7月27日(金)毎週金曜23時15分〜スタート。

ドラマ『dele(ディーリー)』のあらすじ

被告人として出廷した何でも屋・真柴祐太郎(菅田将暉)に興味を持った弁護士・坂上舞(麻生久美子)は、すぐさま保釈手続きを取り、彼に仕事を紹介する。それは舞の弟・坂上圭司(山田孝之)が「dele. LIFE」という会社を立ち上げ、単独従事している秘密裏の仕事…。クライアントの依頼を受け、その人の死後に不都合なデジタル遺品をすべて“内密に”抹消する仕事だった!

 やがて、圭司のPC端末「モグラ」がある信号を感知する。ゴシップ記者をしている依頼人・安岡春雄(本多章一)のデバイスが、まったく操作されなくなったのだ! 死亡確認に向かった祐太郎が、自殺したと思われる安岡の遺体を発見したため、圭司は速やかにデジタル遺品を削除しようとする。ところが、安岡が息子・俊(川口和空)と交わした“約束”について知った祐太郎は、他殺の可能性を主張。証拠を見つけるためにも、デジタル遺品の中身を確認しようと言い出し…!

 まもなく、スケジュールアプリの内容から、安岡が片山薫(江口のりこ)という城南署の人間と頻繁に会っていたことが判明。祐太郎は事情を聴くため、薫のマンションを訪れる。ところが、中から出てきた謎の男・牧野(般若)に突如襲われ…! 一方、圭司はデジタル遺品の中に“とんでもない事実”を格納した隠しフォルダを発見する――。

引用:dele公式サイト

 

ドラマ『dele(ディーリー)』キャスト

坂上圭司役:山田孝之

フリーのプログラマー。原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子生活を送っている。
亡き父が設立した「坂上法律事務所」と提携し、会社「dele. LIFE」を立ち上げ、依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしている。
頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男。旺盛な知識欲を持つ。

引用:dele公式サイト

真柴祐太郎役:菅田将暉

フリーランスの何でも屋。ひょんなことから、坂上圭司の仕事を手伝うように…。
オフィスから出ない圭司に代わり、死亡確認など足を使った業務を中心にサポート的な仕事をこなす。
素直で無邪気。人懐っこく、誰からも好かれるが、自分のことを聞かれるのは苦手。
その佇まいからは想像のつかない過去を隠し持つ。

引用:dele公式サイト

 

坂上舞役:麻生久美子

坂上圭司の姉。有能な弁護士。現在は亡き父が設立した「坂上法律事務所」を継いでいる。
圭司の会社「dele. LIFE」の信用保証を担い、時に資金援助や顧客紹介もする。
姉御肌でサバサバした性格。圭司を「極論に陥っている子ども」だと思っており、まだ広い世界があることを教えたいと願っている。

引用:dele公式サイト

 

ゲストキャスト 石橋静河

親は俳優の『石橋凌』と女優の『原田美枝子』
次女として生まれる。

2017年公開の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で池松壮亮とW主演で初主演を果たし多くの新人賞を受賞。
ブルーリボン賞新人賞は1976年に母親の原田美枝子も受賞しており、史上初の親子受賞となった。

引用:Wikipedia

 

ゲストキャスト コムアイ

1992年7月22日。神奈川県出身。本名:輿美咲(こし・みさき) 水曜日のカンパネラのメンバー。
ちなみに、カンパネラの意味はイタリア語で『鐘』という意味。

引用:Wikipedia

 

ゲストキャスト  野田洋次郎

1985年7月5日。東京都出生、アメリカ、東京都育ち。バンドRADWIMPS」のボーカルギター担当

引用:Wikipedia

ゲストキャスト 般若 

本名:武田 嘉穂(たけだ よしほ)日本のヒップホップMC秋田県大館市出生。東京都世田谷区出身。

引用:Wikipedia

ドラマ【dele】主題歌はコムアイが担当?

ドラマ『dele』を盛り上げるのはやっぱり主題歌ですよね。

 

一体、誰が主題歌を担当するのか非常に気になるところではあると思います。
現時点で確定した情報はまだ出ていないのですが、非常に気になる情報がありました。

 

それは今作品に出演が決定している『コムアイ』さんがドラマ『dele』についてこの様なコメントを出しています。

コムアイ「この撮影部隊は西日(にしび)をつくるのが得意で、どのシーンも過去のことを思い返す愛おしさを感じさせます。
静河ちゃんは全てを本当にしてしまう役者で、彼女が話すのを見ているのが好きでした。
いま劇中のバンドの歌をレコーディングしていますが、静河ちゃんという相方との架空の青春の日々がくっきり思い浮かびます」

引用:Rakuten Infoseek NEWS

 

このコムアイさんのコメントを見ると主題歌は『水曜日のカンパネラ』が担当するのではないか?というのが有力なのではないでしょうか?

 

まだ正式な発表ではありませんので、不確定情報ではありますが、コムアイさん本人のコメントが発表されているので、
かなり高い確率で水曜日のカンパネラがドラマ『dele』の主題歌を担当するのではないかと私は思っています。

 

ただ、楽曲を作成できる方は他にもいますよね。

バンドRADWIMPS」の 野田洋次郎さんや、主演を務める菅田将暉さんも歌手活動をしているので、
本決まりになるまでは誰が主題歌を担当するのかわかりません。

 

ただ、今回の情報はかなり有力じゃないかと思って記事にしてみました。
気になるのが劇中ということなので、挿入歌なのかもとも考えられますよね。

 

とにかく、早くドラマ『dele』の主題歌が知りたいですね。

おすすめの記事