この記事を書いた人:れんや

ドラマ【サバイバル・ウェディング】9話のネタバレと視聴率!

『サバイバル・ウェディング』の9話が9月15日(土)に放送されました。

 

さやか(波瑠)は、祐一(吉沢亮)との結婚が決まったことを編集長(伊勢谷友介)に報告します。

今回はドラマ【サバイバル・ウェディング】9話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について

『サバイバル・ウェディング』9話の視聴率

『サバイバル・ウェディング』9話の視聴率なのですが、残念ながらまだ発表されていませんでした。

発表され次第追記しますので、お楽しみに!

『サバイバル・ウェディング』9話のあらすじとネタバレ

サバイバルウェディング第8話をまだご覧になっていない場合は、
こちらのネタバレ記事で紹介していますので、ご確認ください。

『サバイバル・ウェディング』9話のあらすじとネタバレ

僕と結婚してくださいという、プロポーズは凄く嬉しいのですがインドですが永住するつもりで行くというのが驚きで、さやか(波瑠)は会社を辞めるというのはびっくりでチェンナイという所をあまり知らなかったみたいだし、もう予想していない事が起こりすぎて頭がついていかないみたい。

 

望んでいる生き方をやりたいと思ってしまった祐一(吉沢亮)の事を支えていけるかが今後の課題になるんだけど、本当に好きな人とだったら一緒に行けると思うけど、これからの生活もかかっているから簡単に決断できないです。

 

交渉しやすいという、結婚を逆手に取ろうとしていますが、長男の奥さんというのはしっかり見られるし、お父さんはうるさそうなので、色々言われてしまいそうなんですが、帰ってこれないという事はないと思いますが、定期的にかえってくればいいのではないかと思います。

 

結婚が決まったことは本当に嬉しい事なのですが、もっと視点を変えてみると嬉しさだけでは済まないです。

 

非日常を味わうために旅行はするのですが、これから長く住むとなるとメリットばかりが先に見えてしまって、戸惑うのはわかるのですが、王子に話してみる方が解決策が見えてくるかもしれないのに何で話さないのかなと思ってしまいますが、すぐに話せるような内容ではないというのが本音です。

 

怖いのはそのままですが、なんで子どもの結婚にまで口を出そうとするのかは分かりませんが、仕事に未練がないのかというのは少し当たっているのではないかとも思いますが、祐一さんは頑固になっているという感じがしています。

 

宇佐美さん(伊勢谷友介)は、どうしてもさやかさんの事がrizに欲しくて交渉しに来ていたという事が分かってもっと一緒に仕事がしたいと思ってしまい、さやかは祐一さんと一緒に居たいけど、仕事も今は頑張りたいと思っているからこれは少しもめそうな予感なのですが、一体どうなのでしょう。

 

好きな人と結婚したいという気持ちだけで突っ走る事が出来ているさやかの事をバカにしている言い方だと思いましたが、でも結婚は慎重にこれから先の人生を描ける人と結婚した方が幸せにはなると思いました。

 

本当に結婚したら、買ってくれるといいましたがどうして宇佐美編集長は、彼女の靴を履いた姿を見てあんなに照れていたのかも気になります。

 

宇佐美編集長の部屋は豪華な部屋ではなくて、違う所でしたが編集長との仕事が凄く好きなんだと感じた瞬間なんだと思います。

 

編集長一人でやる仕事にしては凄く多いような気もしますが、一生懸命にrizに向き合っているからこそ、いい記事ができて人気になっているのだと思いました。

 

次の戦略を教えてほしいし、このままrizでみんなと一緒に仕事をしたいと思っていますが、祐一さんはさやかのことを勘違いしているとさやか自身は思っていて、祐一もすれ違っていることに何か気付き始めています。

 

今まで不安な生活だったのか、これから先の人生が不安ばかりの人生は凄く悲しいです。

 

編集長は本当は起きていましたけど、何も言わないでさやかの話を聞いていました。

 

さやかは、ちゃんと祐一さんに気持ちを言いに来ましたが、これからどうなってしまうのかは分かりません。

『サバイバル・ウェディング』9話の感想

『サバイバル・ウェディング』10話あらすじ

悩みに悩んだ挙句、「インドに一緒に行けない」と祐一(吉沢亮)に告げたさやか(波瑠)。

「riz」で宇佐美(伊勢谷友介)と一緒に仕事を続けたいという自分の本心と、
祐一の挑戦を支えられそうにない自分の弱さにウソがつけなくなったのだ。

一方、祐一は美里(奈緒)からコラムの“王子様”が自分だと教えられ、原稿を再読。

さやかの仕事への熱意と女性としての魅力を再確認した祐一は、まずは惣一(生瀬勝久)にインド行きを許してもらうと宣言するが、
そんな祐一にさやかは何も言うことができない。

翌日、さやかは宇佐美と一緒に柏木コーポレーションの創立記念パーティーへ。
宇佐美はさやかの結婚を追い風に、「riz」の海外展開のスポンサーになる柏木コーポレーションとのつながりを深めようと目論んでいた。

そんなパーティーの席で、改めてインド行きを惣一に願い出る祐一。

だが、惣一は息子の話を聞こうともしない
。さやかは2人の間を取りなそうとするが、逆に結婚に対する自分の覚悟のなさを指摘され……。

最大の壁にぶち当たる2人。さやかはこのまま結婚をあきらめてしまうのか? 
祐一は、独立をあきらめてしまうのか?

そして、人生の岐路に立たされた愛する部下のために、宇佐美が取った驚きの行動とは!?
 果たして、最後にさやかが選ぶ“幸せ”は、仕事か、結婚か…!?

公式サイトから引用

『サバイバル・ウェディング』9話のまとめ

最後のさやかの選択には凄く驚きましたが、大切な人が沢山出来てしまうとその場所から離れることは難しい。

さやかのその想いに凄く心打たれて、悲しいのか何なのか分からない感情でしたがさやかは本当に祐一さんと別れてしまうのか…

編集長は一体どんな戦略を最後にさやかに与えてくれるのでしょうか?

おすすめの記事