三浦大知が天皇皇后陛下に選ばれた理由とは?【歌声の響きの歌詞や意味が気になる・式典動画あり】
この記事を書いた人:副編集長バッチ

2019年2月24日、歌手の三浦大知さん(31)が、天皇陛下御在位三十年記念式典で天皇陛下が作詞、
皇后陛下が作曲された楽曲「歌声の響」を独唱されました。

 

激しいダンスと圧倒的な歌唱力で音楽業界を引っ張る『三浦大知』さんですが、今回なぜ三浦大知さんが天皇陛下御在位三十年記念式典に招かれ、
「歌声の響」を天皇皇后両陛下の元で独唱されたのか非常に気になりました。

 

そこで、本記事では、なぜ天皇陛下御在位三十年記念式典に『三浦大知』さんが選ばれたのか?についてや、
「歌声の響」の歌詞についてまとめてみたいと思います。

三浦大知が天皇皇后陛下に選ばれた理由とは?

圧倒的な歌唱力と激しいダンスで多くの人を魅了する『三浦大知』さんですが、この天皇陛下御在位三十年記念式典では、ダンスはありません。
芸能界には歌唱力に長けている人は非常に多い中、なぜ今回『三浦大知』さんだったのか非常に気になりました。

三浦大知が天皇皇后両陛下に選ばれた理由は作詞・作曲が背景にあり

今回、天皇陛下御在位三十年記念式典で『歌声の響き』を作詞されたのが天皇陛下で作曲されたのが『皇后陛下』です。
そして、この『歌声の響き』という楽曲ですが、1975年に天皇陛下が沖縄へ初めて行かれた際に出会われた、ハンセン病療養所の人たちが見送りの際に歌った「船出歌」がきっかけとなってできた歌だということです。

 

ハンセン病療養所に在園している方たちが合唱してくれた、
沖縄民謡・
船出歌「だんじょかれよし」の歌声の響きを聴きながら、陛下がこの詩を詠まれたのだそうです。
そしてこちらの動画が沖縄民謡「だんじょかれよし」という曲になります。

「だんじょかれよし」とは「まこと、めでたい」という意味なんです。

そして、こちらが天皇陛下御即位三十年記念式典で独唱された三浦大知さんの動画になります。

ダンスがなくても歌唱力で圧倒できる三浦大知さんはやっぱり凄いですよね。

「歌声の響」歌詞の意味とは?

三浦大知さんが独唱した「歌声の響き」の歌詞はこちらになります。

ダンジュカリユシヌ ウタグイヌフィビチ

ミウクルワレガウ ミニドゥヌクル

ダンジュカリユシヌ ワタヤワチャガタン

ユウナサキユル シマチムニヌクテイ

作詞:天皇陛下
作曲:皇后陛下

この歌詞を訳すと、

だんじょかれよしの 歌声の響き

見送る笑顔 目に留まる

だんじょかれよしの 歌や湧きあがたん

ゆうな咲きゆる 島肝に残て

となります。

「歌声の響」の意味とは?

【 意味 】

私たちの安全を願って だんじょかれよしの歌声が響く

見送ってくれた人の笑顔が いつまでも目に残っている

だんじょかれよしの歌声が湧き上がる

ゆうなの花が美しく咲き誇る島のことがいつまでも心に残る

という意味になります。

沖縄県出身の歌手は他にもいるけれど・・・・・

今回、三浦大知さんが天皇陛下御在位三十年記念式典に選ばれた理由は『沖縄出身』だからという理由ということですが、
そうなると沖縄出身のアーティストは他にもいるのでは?という疑問も出てきます。

ちなみに、沖縄出身のアーティストといえば・・・・・・

沖縄出身のアーティスト
安室奈美恵(引退)
MONGOL800
DA PUMP
Hello Sleepwalkers
BENI
ORANGE RANGE
HY「AM11:00」

他多数。

一部だけお伝えしましたが、沖縄出身のアーティストはかなり多くいます。
その中で、なぜ三浦大知さんだったのでしょう。。。。。
具体的、三浦大知さんが選ばれた理由も知りたいですよね。
ただ、現在認知度やパフォーマンスなどを考慮すると『三浦大知』さんが選ばれたというのも納得できますね。

まとめ

今回は、なぜ天皇陛下御在位三十年記念式典に選ばれたのが三浦大知さんなのかについてや、
天皇皇后両陛下が作詞・作曲した『歌声の響き』の歌詞や意味についてまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

とても素敵な独唱でしたね。
緊張している感じはあまり見受けられなく、どことなく楽しそうに見えたのがとても素敵だと思いました。

おすすめの記事